巣作りの予防|誰にも危険が及ばないハチ退治のコツ|ハチ予防WEB

誰にも危険が及ばないハチ退治のコツ|ハチ予防WEB

巣作りの予防

ハチの巣

蜂の巣は、雨風をしのげて、直射日光が当たらない玄関や軒下、ベランダなどにできることが多いです。女王蜂が蜂の巣を作り始める時期は、4月~6月頃です。この時期に、家周辺で蜂を見かけたら、気をつけたほうが良いです。1日で拳ほどの大きさの蜂の巣が出来てしまうので、気がついたら完成していたということもあります。蜂の巣ができてから退治するのは、とても大変なので、予防をすることが大切です。効果的な予防方法は、虫よけを窓や玄関口にぶら下げるというものです。ただぶら下げるだけでも、女王蜂が寄ってこないようになるのです。また、蜂の巣ができそうな場所にスプレーを吹き付けることで、予防ができる商品などもあるので有効活用すると良いでしょう。

蜂の巣を見つけたら、早急に専門業者に依頼したほうが良いです。対処が遅くなると、どんどん大きくなって、退治が難しくなり、料金も高くなるのです。そのため、早急に退治をしたほうが良いのです。蜂の巣が作られた当初は、女王蜂1匹しかいないこともあります。そのため自分で退治しようと思う方も多いのですが、スズメバチの場合は1匹でも攻撃性が高く危険です。そのため1匹だけでも蜂の巣退治を自分で行なうのは止めたほうが良いでしょう。蜂の巣を初めて見たら、好奇心で近づいたり、刺激したりしたくなってしまうものです。しかしそのような行動を取ると、蜂は外敵から守るために攻撃してくる可能性があります。ですから、蜂の巣を見つけてもなるべく近づかないほうが良いです。